×

Category

Category

Contents

Ranking

 
振袖


 

SNS

福山店

facebook  instagram   twitter

学生服

facebook

 

カタログ無料請求

HOME»  オフィスユニフォーム»  【カタログ無料請求】ユニフォーム・作業着のネーム刺繍や手芸用布について»  ユニフォームへネーム刺繍!刺繍に使われる糸と書体は?会社制服・女子事務服も対応

ユニフォームへネーム刺繍!刺繍に使われる糸と書体は?会社制服・女子事務服も対応

ユニフォームにネーム刺繍をする場合、どんな用途のユニフォームなのかで適した刺繍糸、書体が異なります。また、刺繍に使用できる糸や書体は、お店によっても限られてきます。こちらでは、ユニフォームのネーム刺繍に使われる刺繍糸の種類と書体をご紹介します。

刺繍に使われている糸について

刺繍に使われている糸について

刺繍に使われている糸は「刺繍糸」という糸です。刺繍糸にも様々な種類があります。それぞれの特徴と刺繍糸の太さをみていきましょう。

1.刺繍糸の種類

一般的に刺繍糸としては次のような糸が用いられています。

・レーヨン糸
一般的な刺繍糸は、レーヨン糸です。光沢があり熱に強く、しなやかで使いやすいため、とても多くの刺繍に使われています。ただし、漂白剤に弱く切れやすい、という点はデメリットでしょう。適切に刺繍がしてあれば取れる心配はありませんが、漂白剤の使用は気をつけてください。

・ポリエステル糸
強度があり切れにくいため、スポーツのユニフォームにはよく用いられています。ただし光沢が少なく熱に弱い、そして糸調子が難しいという点はデメリットです。

・金糸・銀糸
金糸・銀糸はその名の通り、金や銀の色をした糸です。着物の帯などに使われることも多く、格が高い刺繍糸といえるでしょう。ユニフォームへの刺繍で使われることはほとんどありません。

2.刺繍糸の一般的な太さ

刺繍糸は、一般的に120d/2が一般的な太さです。0.4mm程度が通常ですが、用途に合わせて刺繍糸の太さを変更することで、より希望通りのデザインを再現できます。

生地手芸用品専門店ウエスギでは、ユニフォームへのネーム刺繍を受け付けております。会社制服・女子事務服などにも刺繍があると、自分のものであると判別しやすいでしょう。シャツ・ベスト・スカートなどどんな商品でも刺繍ができる素材であれば対応可能です。

会社制服・女子事務服などユニフォームへのネーム刺繍加工をお考えなら、ぜひ生地手芸用品専門店ウエスギまでご相談ください。

ネーム刺繍は書体によって違う

ネーム刺繍は書体によって違う

ユニフォームへのネーム刺繍は、書体が違うだけで大きくイメージが変わります。主に使われている書体の特徴をご紹介します。

1.楷書体

筆で書いたような書体で、最も自然に見えます。やわらかい雰囲気を持っており、ネーム刺繍でよく使われています。

2.明朝体

新聞で見る書体は、明朝体です。刺繍で入れる場合は横線が細くなるため、小さい文字だとうまく線が出ないおそれがあります。きっちりとした印象になりますが、小さな文字にはあまりおすすめできません。

3.行書体

楷書体を少し崩したような書体で、毛筆で書いたような印象です。和のイメージが強いため、和をイメージさせたい企業、飲食店のユニフォームなどに向いているでしょう。

4.角ゴシック体

縦線と横線の太さが統一されている書体です。シンプルな書体なので小さなネーム刺繍でも見やすいでしょう。がっちりとしている印象があります。

5.丸ゴシック体

縦と横の線が同じ、という点は角ゴシックと同様ですが、丸ゴシックのほうが角張っておらず丸みがあります。少しやわらかい印象になるでしょう。

6.筆記体

アルファベットを使ってネーム刺繍をする場合に使われることが多いです。名前の場合、最初の文字が大文字、その後は小文字を使用します。

7.ゴシック体

英字のゴシック体も、縦横の線が統一されていてとても見やすく、実用性が高い書体といえます。

8.下駄文字(センチュリー)

明朝体のアルファベットバージョンとして使われています。下駄を履いているように見えることから下駄文字と呼ばれていますが、センチュリーとも呼ばれます。

生地手芸用品専門店ウエスギでは、ユニフォームのネーム刺繍を承っております。会社制服・女子事務服などに最適なネーム刺繍は、会社のイメージや読みやすさを考え、書体を選びましょう。ユニフォームへのネーム刺繍をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

会社制服・女子事務服などユニフォームへのネーム刺繍なら生地手芸用品専門店ウエスギへ

ユニフォームへのネーム刺繍は、どんな糸を使ってどんな書体で刺繍するかによって印象が大きく変わります。イメージ通りの刺繍に仕上げるためにも、使用する糸や書体については依頼するお店に相談しましょう。

会社制服・女子事務服などのユニフォームへのネーム刺繍なら、ぜひ生地手芸用品専門店ウエスギへお問い合わせください。

ユニフォーム・作業着のネーム刺繍や手芸用生地専門店の手芸用布などについて解説

ユニフォーム・会社制服・女子事務服へネーム刺繍を入れるなら生地手芸用品専門店ウエスギ

会社名 ウエスギ 株式会社
ショップ名 ウエスギ 岡山店
代表取締役社長 上杉 繁樹
創業 明治2年1月
設立 昭和35年10月6日
資本金 7,200万円
会社住所 〒720-0043 広島県福山市船町6−20
会社TEL 084-921-3333
会社FAX 084-921-3334
岡山店住所 〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1丁目8−45 クレド岡山ビル3F
岡山店営業時間 10:00~20:00
岡山店定休日 なし
岡山店TEL 086-226-1411
岡山店FAX 086-226-1416
メールアドレス info@kiji-uesugi.com
URL https://www.kiji-uesugi.com/
取扱商品 生地・手芸用品
営業品目
  • 生地手芸用品・婦人服・紳士服・子ども服・呉服・肌着・寝具・カーテン他繊維製品全般
  • 学校関係および企業用制服・各種進物用品・イベント用品・資材など
  • 上記商品の店頭販売・外商販売・卸販売